zoomとskypeのコンセプトの違いを知って使いこなそう

Webのオンライン会議と言えば現在は「zoom」「skype」この2つが主流です。

他にもありますが、この2つでシェアの50%を占めているほどの

代表的なツールと言えます。

目次

zoomとskypeはコンセプトが違う

zoom とskypeはコンセプトが違います。
それぞれの特徴を見ていきましょう!

zoomの特徴

zoomのコンセプトは「オンライン会議」です。

下記のような特徴があります。

①大人数でのオンライン会議が可能(無料プランだと100名まで)

②誰でも参加可能

主催者が発行するIDを参加希望者に伝えて、リンクをクリックすれば

会議に参加できます。zoomをインストールしなくてもブラウザで参加可能。

③接続が安定する

zoomは大人数を前提として開発されています。

大人数になるとデータ通信量が増えて接続が不安定になりがちですが、

安定性が高いのが特徴です。

④会議の時間制限あり

3人以上の会議の場合無料プランだと40分まで、という制限がある。

skypeの特徴

skypeの特徴は「通話」です。

①通話の品質が高い

skypeは音声の品質が高いことでも定評があります。

別途料金ですが固定電話や携帯にも通話可能です。

②会議の同時参加は50人まで

会議への参加人数はzoomの半分

skypeのアカウントを持っている者同士でないと使用不可

以前はアカウントを持っている人同士でないと使用することが

出来なかったskypeですが、バージョンアップされ

zoomのように主催者がリンクを発行して共有することによって

誰でも参加が出来るようになりました。

④データ通信量が多い

skypeはzoomと比べデータ通信量が多いため、

大人数で使用する場合はデータ通信量が増えすぎてしまって

音声の乱れ等、安定性に欠ける部分があります。


以前だとskypeの最大のネックは「アカウントを持っていないと使えない

でしたが、バージョンアップされそのデメリットが解消されました。

zoomとskypeどっちの方が優秀というのは特にありません。

説明した通り、コンセプトが違うので当然ですね!

例えば、個別で音声コンサルしたい場合はskypeを使えば

いいと思いますし、グループコンサルなどを行う時は

zoomを使う、といった使い方でもOKです。

skypeをダウンロードして会議やグループチャットを使いこなそう!

この記事が気に入ってもらえたらメルマガ登録お願いします!👇

情報発信ビジネスでやるべきことをお伝えしています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる