YouTubeに本格的なオープニングとエンディングを追加しよう!

オープニングとエンディング
を入れると一気に本格的になります。
まず最初に作ってしまいましょう!

セミナー動画にオープニングとエンディングを入れることで

かなりプロっぽく演出することができます。

「そんなの作ったことないし無理だし!」と思われるかもしれませんが

そんな場合は外注してしまえばOKです。

今は数千円ほどで数十秒程度のかなり本格的な動画を作ってもらえます。

ではポイントを見ていきましょう。

目次

オープニングとエンディングに加える情報

オープニングもエンディング5-10秒程度の短い動画を挿入しましょう。

付け加えるといい情報は

・氏名

・ブログ名

・YouTubeのチャンネル名

・SNSのアカウント情報

などですね!

オープニング例

これは僕が動画を作る際に毎回使っているオープニングです。

「これから始まる」というところを意識して大きく動きをつけています。

氏名やブログ名、ロゴを入れています。

エンディング例

こちらはエンディングですね。

動画本編が終わり「ほっと一息」というイメージで作っています。

こちらはブログ名とTwitterやInstagramのアカウント名を載せています。

Storyblocksから動画テンプレートを手に入れよう

Storyblocks

こちらは月額制の有料サイトですが、動画のテンプレート等が手に入ります。

登録すればテンプレートは取り放題なので、1か月だけ登録して

目ぼしいテンプレートをダウンロードして解約してしまう、というやり方も出来ます。

僕もここからテンプレートをダウンロードして、外注し加工してもらいました。

外注先はココナラがおすすめ

ココナラ

数年前までは動画を外注すると数十秒ほどのものでも数万円くらいしてましたが、

ココナラで依頼をすれば、数千円ほどで依頼出来てしまいます。

「動画・写真・画像」というカテゴリーがあるので、そこから探すといいでしょう。

過去の作品を展示している方が殆どなので、自分のイメージに合う動画を

作っている方に依頼をかけましょう。

一度作ってしまえば、使いまわせるので出来れば一番最初に作ってしまうと良いと思いますよ!

YouTubeを複数媒体と組み合わせて効率的に稼ぐ方法

この記事が気に入ってもらえたらメルマガ登録お願いします!👇

情報発信ビジネスでやるべきことノウハウやマインドセットをお伝えしています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる