初心者でも簡単にワードプレスデータを2ステップで復元する方法

前回の記事ではワードプレスで作ったサイトを
「UpdraftPlus」というプラグインを使って簡単に
自動バックアップをとる方法を解説しました。

今回は 「UpdraftPlus」 でバックアップしたデータを
復元する方法を解説していきます。

初心者でも簡単にワードプレスデータをバックアップする方法

目次

バックアップデータの復元方法

やり方はとても簡単で

①復元したいバックアップデータを選ぶ。

②「復元する」ボタンをクリック。

この2ステップだけです。

また前提条件として、

・「UpdraftPlus」 でバックアップデータを作成している(他プラグインではNG)

・復元したいワードプレスと復元した後のワードプレスのURLは同一

ではやり方を見ていきましょう!


・ワードプレスサイドメニューから

プラグイン→ UpdraftPlus→設定 

で管理画面に入ります。

・「バックアップ/復元」タブ を選び

下にスクロールすると「既存のバックアップ」があります。

復元したいデータの「復元」をクリック。


・復元したいデータにチェックを入れます。

・「次へ」をクリックします。

進捗画面に移り、一番下に「Restore successful」

となっていれば完了です。

復元出来ているか確認しましょう。

たまにタイムアウトしてしまい、進捗画面にならずに

ワードプレスのログイン画面になってしまう場合がありますが

慌てずにログイン情報を入力してください。


ワードプレスをインストールし直して復元する場合

ワードプレスをインストールし直して復元したい場合は下記の通りです。

①ワードプレスをインストールする

②プラグイン 「UpdraftPlus」 をインストール

③バックアップデータをアップロードする

④「復元」ボタンをクリック。

③のアップロードの仕方は下記の通りです。

・プラグイン→ UpdraftPlus →設定 

で管理画面に入る。

・「バックアップ/復元」タブの下のほうにある

「既存のバックアップ」の「バックアップファイルをアップロード」

を選択します。

・バックアップデータをドラッグ&ドロップするか、

「ファイルを選択」からアップロードするバックアップデータを

指定してください。

アップロードが完了すると、

赤枠のようにバックアップを行った日付が表示されます。

右にある「復元」を押して作業を進めてください。

「Restore successful」が表示されたら完了です。


如何でしたか?

UpdraftPlus を使えばバックアップも復元も簡単できます。

あなたが作っているサイトはあなたの資産そのものです。

万が一に備えて大切なデータを守りましょう!

この記事が気に入ってもらえたらメルマガ登録お願いします!👇

情報発信ビジネスでやるべきことをお伝えしています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる