skypeをダウンロードして会議やグループチャットを使いこなそう!

Web会議と言えば、skypeとzoom この2つが有名ですね。

それぞれの特徴は別で解説していますので併せて見てください。

今回はskypeをダウンロードする方法を解説していきます。
skypeは「通話」をメインとしたツールです。
データ通信量が若干多いですが音質には定評がありますので
音声でコンサルティングを行う時などに向いてます。
グループでのチャットなどもできます。

目次

skypeのダウンロード方法

STEP

まずはskypeをダウンロードしましょう。

skypeダウンロード

STEP

「サインインまたは作成」をクリック

STEP

初回はまずアカウントを作りましょう。

STEP

電話番号やメールアドレスを使ってアカウント

を作りましょう。

おススメはGmailを作ってアドレスをで

アカウントを作るといいです。

メールアドレスを使う場合は

「または、既にお持ちのメールアドレスを使う」

をクリックします。

STEP

パスワードを決めましょう。

STEP

氏名を入力します

STEP

メールアドレスでアカウントを作る場合、

本人確認として登録するアドレス宛に

メールが届きます。

確認コードが記載されているので

赤枠の部分に入力します。

STEP

プロフィール画像を選択します。

後ほどでも変更できます。

この後、

「オーディオテスト」

「カメラテスト」

があります。案内に従って設定してください。

これも後ほどでも設定出来ます。

初期設定はこれで終了です。

連絡先の追加

STEP

連絡先を選択して

「新しい連絡先」をクリックします。

STEP

検索窓で

氏名 skype名 メールアドレスなどを

入力すると該当者の一覧表示されるので

右にある「追加」ボタンをクリックして

ください。

会議機能を使う方法

STEP

チャット、もしくは通話から「会議」

を選択します。

会議をホスト:自分が主催の会議。

参加者用のリンクが発行されるので、

会議参加者に共有しましょう。

会議に参加する:他者が主催の会議に参加する

場合に選択。

STEP

自分がホストとなる会議の場合、

図のように会議参加用のリンクが発行されますので、参加予定者に共有を行ってください。

STEP

自分が他者の会議に参加する場合、

「会議に参加する」を選択して、招待リンクを

入力します。

既読通知を行う方法

STEP

skypeにはlineのように既読マークをつけることが出来ます。

右上の「・・・」をクリックして「設定」

を選択します。

STEP

左のメニュー「メッセージング」から

一番上の「開封確認」をオンにします。

※自分と相手、双方がオンになっている場合にのみ

既読マークがつきます。

STEP

双方の開封確認がオンになっていると

メッセージの下に相手のアイコン画像が

表示されるようになります。

これが既読の証拠です。

enterボタンで改行する方法

STEP

PCでチャットを入力してenterボタンで改行したい場合の方法です。

デフォルトだとenterボタンを押してしまうと

メッセージ送信になってしまいます。

右上の「・・・」をクリックして「設定」

を選択します。

STEP

左の「メッセージング」メニューの中にある

「enterキーを使用してメッセージを送信します」

をオフにします。

これで、enterボタンで改行出来るようになります。

グループチャットのやり方

STEP

「新しいチャット」→「新しいグループチャット」

を選択します。

STEP

グループ名を入力します。

STEP

リンクが発行されるので、リンクを共有するか

「ユーザーを追加」からメンバーを追加してください。

この記事が気に入ってもらえたらメルマガ登録お願いします!👇

情報発信ビジネスでやるべきことをお伝えしています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる