サーチコンソールの知っておくべき4つの機能を知ってSEOを強化

サーチコンソールっていまいち使い方が分からない、

という方もいると思います。

今回は最低限知っておくべきことと使い方に関して

説明していきたいと思います。

目次

サーチコンソールって何に使う

サーチコンソールで何が出来るか?というと

①WebサイトがGoogleに登録されているか(インデックスされているか)

②サイトマップをサーチコンソールで登録する

③どんな検索キーワードでサイト訪問されているか

④ブログ記事毎の検索順位

などですね。

では順番に見ていきましょう!

WebサイトがGoogleに登録されているか(インデックスされているか)

サーチコンソールの大きな役割の1つに作ったサイトが

Googleにちゃんとインデックスされているか?

ということを確認することにあります。

どういうことか?というと、

例えば新しくブログ記事を書いて公開したとしても

すぐに検索出来るようにはなりません。

Googleにはクローラーと言われる全てのWebサイトを巡回している

プログラムが存在しています。

まずこのクローラーに自分の書いたブログ記事を見つけてもらう

ことから始まります。

クローラーに見つけてもらうことによって

初めて検索結果として表示される状態となります。

通常は放っておいても何日かすればインデックスされます。

ただ作ったばかりのサイトだとインデックスされにくい傾向があります。

また作ってから暫く経っているサイトであっても何らかしらの理由で

インデックスされていない状態になってしまっているものもあります。

そこでサーチコンソールを使って「サイト更新したよ!インデックスして」

とクローラーを呼ぶことが出来るのです。

ここの検索窓にクローラーにインデックスして欲しいURLを入力します。


ブログ記事を公開したばかりの時などは、

このように「URLがGoogleに登録されていません」と出てきます。

右下の「インデックス登録をリクエスト」

をクリックしてください。


何日かすればこのようにインデックスされます。

この状態ではじめて検索されるようになります。

サイトマップをサーチコンソールで登録する

サイトマップというのは、

サイト全体の構成を地図のように一覧にしたものです。

ユーザーや検索エンジンにサイトの内容を伝え、

認識されやすくするためのものです。

再度になりますが、クローラーに見つけてもらえないと検索結果に

表示すらされません。

難しくはないのでサクッと設定してしまいましょう。


ワードプレスのサイドメニューで

「All in One SEO」の中から

「サイトマップ」を選択します。

「サイトマップ有効化」をONにします。


投稿タイプを「投稿」「固定ページ」に

チェックを入れます。

一番下までスクロールして

「変更を保存」をクリック。


サーチコンソールのサイドメニューから

「サイトマップ」を選択。

「新しいサイトマップの送信」から

sitemap.xml と入力し、送信をクリック。


ステータスが「成功しました」と

なったらOKです。

どんな検索キーワードでサイト訪問されているか

サイドメニューの「検索パフォーマンス」

をクリックし、「ページ」を開きます。


調べたいページのURLをクリックします


ページ毎にどんなキーワードで検索され、

クリックされたか?

が表示されます。


ブログ記事毎の検索順位

サイドメニューから「検索パフォーマンス」を

クリックし、「平均掲載順位」をクリックします。


ページ毎のクリック数や検索順位などが表示されます。


如何でしたか?

他にもサーチコンソールで出来ることはありますが、

今回お伝えした内容で最低限使いこなせるようになりますよ。

ワードプレスにGoogleサーチコンソールを連携させよう

この記事が気に入ってもらえたらメルマガ登録お願いします!👇

情報発信ビジネスでやるべきことをお伝えしています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる