伝わらないを克服!情報を絞ることによってメッセージ届けよう!

目次

情報量は絞ることで伝わりやすくなる

伝えたいことをアレもコレもと網羅してしまうと
逆に伝わりにくくなってしまいます。
あなたが本当に伝えたいことはなんですか?

反応がとれるワンメッセージ、ワンアウトカムの原則を意識してコンテンツ作ろう

上記の記事でも取り扱いましたが、情報は伝えればいいというものでは決してありません。

逆に情報が多いと『結局だから何??』となってしまうからです。

伝えたい要素を絞って、想像力を働かせる

文章だけに限った話ではないですが、『伝える』には相手に合わせて言葉を選び、且つ簡潔にしましょう。

例えば、小さな子供に「銀行」の社会的役割をこと細かくツラツラと文章で説明したところで「?」で終わってしまい

結局銀行て何?何だかよく分からない、となってしまうでしょう。

ですが一言「銀行は、お金を貸してくれるところだよ」と伝えたら如何ですか?

銀行の役割は勿論それだけではないですが、1番伝えたい本質の部分は伝わりますから銀行のイメージは伝わるでしょう。

イメージが伝わり理解が出来れば、相手の方から質問を引き出すことが可能になります。

本質の伝えたい要素さえ伝えることが出来れば、相手が想像力を働かせて解釈を広げてくれるようになります。

つまり、あえて情報を絞ることによって、相手の興味の枠を広げるということです。

その段階で初めて第一段階を突破したことになります。

伝えたい相手によって情報を精査して、加工して、簡潔に、を常に意識してみてください。

Googleのブラウザってとてもシンプルですよね!

これは上記の考え方にのっとりユーザーのことを考え抜き、余計な情報を一切削ることによって本質部分の「検索」にフォーカスさせた結果だそうです。

自分を正当化する人の心理を利用する

利用するなんて言うと言い方悪いかもしれませんが、、

人は足りない情報の部分に関しては、想像するようになります

例えば、メルマガをこれからやろうと思っている方が、自分が購読しているメルマガで

『月間100万稼ぐ人の思考法とは?』というタイトルのメールがきたら「ほう、どんな考えた方なんだ?」

と気になりますよね?この時点で想像力を働かせて興味を持っている状態です。

まず興味を持ってもらう、ということが重要で

何でもかんでも細かく説明をする必要はありません。

ちょっと情報が足りないくらいだと「あーなのかな、こーなのかな?」

と想像力を働かせるようになり、より興味を持ってくれます。

メルマガ読者さんの質問を引き出すことも可能となってきます。

そしてその記事を開いたら、最後まで読んでくれる確率は高いです。

これは「自分を正当化する心理」が働いています。

自分を正当化する心理というのは、

自分の行動を否定できずに正当化しようとする行為ですね!

理由は自尊心が高く失敗を認めたくない、臆病で自分が傷つきたくない、

ということだったり理由は様々ですが

先ほどの例でいうと、メルマガのメールを開いた時点で、

仮に内容が期待外れであったとしても「折角メール開いたのだから・・・」と自分の行動を否定できずに、最後まで読んでくれます。これは僕も経験があります笑

ですからメルマガでもブログでもYouTubeでも何でもそうですが、

タイトルが極めて重要となってくるわけですね!

開いてコンテンツを見てくれれば0→1になりますが、見てもくれなければ0のままですから。

誰にそのメッセージを伝えたいのか?誰に見てほしいのか?

お客様像(ペルソナ)を明確にして、情報を精査して伝える情報を絞るようにしてみてください!

まとめ

・伝えたい相手を明確にして勇気をもって情報を削る!

・本質のメッセージさえ伝えることが出来れば、相手の想像力や心理を使って文章を読んでもらえる。


この記事が気に入ってもらえたらメルマガ登録お願いします!👇情報発信ビジネスでやるべきことをお伝えしています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる