「批判される」でブレーキをかけずにアクセルを踏む考え方とは

批判されることを恐れて
行動出来ない、、を変える
考え方をお伝えしていきます

情報発信を行うと、批判されるのではないか?

という不安の声を頂くことがあります。

気持ちはとても分かります。

実際僕自身もそうでしたから笑

初めてブログ記事を投稿した時、

初めてSNSで情報発信した時、

初めてメルマガ配信した時。

めちゃくちゃ緊張したの覚えています。

やっぱりそれを見た人の反応が気になるからです。

プラスの反応なら嬉しいけど、

マイナスの反応で

批判されたらどうしよう・・

でも、そう思ったのはその最初の1回だけです。

こんなことでブレーキをかけてしまうのは

ただただ勿体ない、の一言です。

目次

皆暇ではないので批判なんかされない

これが1つの事実です。

皆自分のことでとても忙しいのです。

実際、自分自身のビジネスで情報発信している時、

しようとしている時、

自分のことで、お腹いっぱいですよね??

他人のことを考える余裕なんてありません。

情報収集で他の人の発信している情報を見ることは

僕自身もあります。

そこに「こんな考えもあるんだ」と納得することは

あっても、「それおかしい」とはまずなりません。

批判をするということは、

批判する人自身も大きなエネルギーを使います。

詐欺まがいのビジネスをしているならともかく

正しくビジネスを行っている限り、

そうそう批判なんかされませんので安心してくださいね!

100%好かれることはない

もし批判されるようになってきたとしたら、

あなた自身の名前が売れてきた証拠です。

どんな有名な起業家でも、大企業であっても

必ず批判されています。

ですから100%好かれるなんてことはあり得ないわけです。

そんな批判よりも自分のビジネスを通してファンになって

くれている方々を大切にしましょう。

迷った時こそGO

不安になるのは、新しいことを始めるので当然です。

僕自身もこの情報発信ビジネスを始める前までは

メルマガもブログ、SNSすらも殆どやったことなかったので

不安だったのは今でもよく覚えています。

でもやってみて初めて見える景色があまりに多いことに

気が付きました。

今までは気が付かなかった視点が手に入ったのです。

その段階で一つ上のステージに行ったということです!

よく、役職でも同じこと言われますよね。

一般企業では

主任 → 課長 → 部長 → 取締役

と役職が上になっていきますが、

その役職になって初めて見える世界がある。

その立場が人を変える。育てる。と言われます。

自分の叶えたい目標があるのであれば、

次のステージに行くしかありません。

そうしないと今のポジションという枠の範囲

を超えることはまず出来ないからです。

迷った時こそがチャンスです。

迷った時こそGO!でいきましょう!

「悩む」「考える」のではなく「動く」。まずはやってみよう!

この記事が気に入ってもらえたらメルマガ登録お願いします!👇

情報発信ビジネスでやるべきことノウハウやマインドセットをお伝えしています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる