ブレインダンプして脳内を大掃除!魅力的な文書を書くテクニック

目次

ブレインダンプのやり方

ライティングにも思考法にも使える
ブレインダンプはご存じですか?
簡単なのでこのテクニックは是非活用してください!

ああ、いいタイトル浮かばない・・ いい言い回しが出てこない・・ いいアイディアが出てこない・・

こんな悩みはありませんか??

僕は、あります、、笑

ブログやメルマガLPなど、文章を書く機会は多いですが惹きつけるようなタイトルが出てこないことや

相手にとって欲しい行動を促すような言い回しが出てい来ないようなことは多々あります。

そんな時に僕が使っている『ブレインダンプという方法を紹介します!

・ブレインダンプとは

ブレイン=脳 ダンプ=空にする、放出する

イメージとしては、脳内の情報を整理して全てかき出すような感じですね!

やり方はPCでもいいですが、紙とペンを僕は使っています。

例えば、『iPhone』をテーマとしましょう。

まず、iPhoneの優れている点を書き出します。

この時、他のスマホと比べてとか、客観的に、とかは必要ありません。

あくまで自分自身の主観で大丈夫です。

「1顔認証便利」

「2Retinaディスプレイ最高」

「3サイズも大きすぎず小さすぎ丁度いい」

「4カメラ性能いい」 

こんな感じですね!

出しつくしたら、角度を変えて言い回しを変えてみます。上記を言い換えると次のようになります。

「1指紋認証から変更となって顔認証になった」

「2Retinaの上をいくSuper Retinaが搭載された」

「3前機種より一回り大きくなった」

「4広角レンズだけではなく超広角レンズが搭載された」 

という具合です。

様々な角度から言葉が出てこなくなるまで続けてください。

これは僕の経験上の話ですが、PCで文字を打っていくより、自分の手を使って文字を書いていく方がよりイメージが湧きやすいのか、より様々な言葉が出てきました。これはお好みでイイと思います。

iPhoneに関して出てこなくなったらそこからが本番です。

今度はiPhoneの機能でなくても構いません。

「スティーブ・ジョブズ」「Apple社」「ロゴ、りんご」という具合で思いつく限り書いて行きましょう。

そこまでやっていくと潜在意識化の言葉が書き出すことが出来ます。

ここまで出来たら、もう完成したようなものです。今目の前にあるノートを見て、文章を作るだけです。

今書き出したノートを作る過程で頭も整理されているので、書くべきことが見えてくるはずです!

この書き出したノートはあなたの最高のネタ帳にもなるので、一石二鳥ですね!

最強の思考法でもある

脳内を全て書き出して

見える化を行う

このブレインダンプはライティングをする上でも非常に便利な手法ですが、思考法としてもとても有効です。

ブレインダンプは自分の潜在意識との会話、とも言われています。

アイディアややることが見えなくなった時、同じようにテーマを決めてひたすら書き出しください。

例えば、『将来の夢』というテーマだとしたら、何故それが夢なのか?それを達成することで何が得られるのか?

その夢を達成するためには何をしたらいいのか? その夢を達成した時は自分はどんなことを思っているだろうか?

などなど、考えられることは全部かき出してください。

「あ、これはちょっと関係ないかな?」と思っても除外しないでください。

何故かというと紙に書き出された時点で、それはあなたが潜在意識化で考えていることだからです。

この言葉を無視しては駄目です。

そうやって、書き出されたノートを見返してみてください。

「自分てこんなこと考えていたのか!?」と驚くと思います。自分の頭を「見える化」するということですね!

そうやって客観的に自分を見ることになり、やるべきことや足りない部分が見えてくるかと思います。

是非活用してみてください!


伝わらないを克服!情報を絞ることによってメッセージ届けよう

この記事が気に入ってもらえたらメルマガ登録お願いします!👇                        情報発信ビジネスでやるべきことをお伝えしています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる