初心者でも簡単にワードプレスデータをバックアップする方法

今回は初心者の方でも簡単にワードプレスのバックアップをする

方法を解説していきます。

バックアップすることによって、万が一ブログに不具合が発生した時でも

元通りに復元することが出来ます。

バックアップは以外と見落としがちです。

ビジネスでブログを使う場合、

あなたが書いたブログは = 資産 となります。

プラグインを使うことによって簡単にバックアップ&復元が

出来るようになりますので、確実に抑えておきましょう。

目次

何故バックアップを行う必要があるか

全世界のWebサイトの25%はワードプレスで作られていると

言われています。

使用者が多い分、サイバー攻撃の標的となる確率も高いのです。

過去には数万サイトが改ざんされてしまった、なんていう事件も発生しています。

また、ワードプレスはレンタルサーバーを使うわけですが、

万が一サーバーに障害が発生すれば、ワードプレスのデータが

吹き飛んでしまう可能性だってあるわけです。

苦労して書いた数100記事が一瞬で消えてしまうことを想像したら

恐ろしいですよね。。

サイバー攻撃でサイトが破壊される可能性

サーバーの不具合でデータが消失する可能性

プラグインとの組み合わせが悪く不具合が発生する可能性

このような状況が発生したら致命的です。

バックアップをすることによって万が一に備えましょう。

バックアップも復元も簡単にできるプラグイン

このUpdraftPlusは「バックアップと復元」の両方が行える優れものです。

これは結構大切なポイントです。

プラグインによっては、バックアップは出来るけど復元はFTPソフトを使って

サーバーにアップロードしなくてはならない、というものもあり、

ちょっとした知識がないと面倒くさいです。

UpdraftPlus を使ってバックアップする方法

まずはプラグイン「UpdraftPlus」をインストールします。

プラグイン→ 新規追加→  「UpdraftPlus」と検索


インストールしたら忘れずに「有効化」


ワードプレスのサイドメニューから

プラグイン→ UpdraftPlus →設定を開きます。


これが管理画面です。

UpdraftPlus は自動バックアップできますが、初回は

「今すぐバックアップ」で初回バックアップを作りましょう。


初回バックアップの場合は2箇所にレ点をいれて

バックアップを実行してください。


バックアップされた日付が表示されたら問題なく

完了しています。


自動バックアップのスケジュールを設定しよう

初回バックアップしたら続いて自動でバックアップ出来るよう設定しましょう。

再度、管理画面を開きます。

メニューの真ん中「設定」を開きます。

ファイルバックアップとデータベースバックアップの

スケジュールをそれぞれ決めます。

ファイル:アップロードされた画像等

データベース:記事など

ブログの更新頻度にもよりますが、

データベースは毎日、ファイルは1週間に一度程度で良いと

思います。


バックアップデータの保存先を設定しよう

バックアップしたデータはデフォルトだとサーバーに保存されるように

設定されています。

保存先は変更することが出来ます。

今回は使っている人が多いGoogleドライブへの保管方法を解説します。

サーバーにバックアップを保存していると、万が一サーバーの障害で

全てのデータが吹き飛んでしまった場合、当然バックアップデータも消滅します。

ですから可能な限り外部にデータを移しておくことをおススメしています。

僕は、これから解説するGoogleドライブと外付けストレージの2箇所に

保存をしています。勿論手間は増えますけどね・・。

とは言っても、自動バックアップで勝手にGoogleドライブにデータが

保存されるので、定期的に外付けストレージにデータを移してあげるだけです。

Googleドライブを保存先に設定するには

まず UpdraftPlus とGoogleアカウントの

「連携作業」を行う必要があります。

まずは管理画面を開き、「設定」タブを開きます。

「保存先を選択」から「GoogleDrive」を選択します。


「 GoogleDrive 」を選択したら一番下まで

スクロールして「変更を保存」を

クリックしてください。


指示に従ってリンクをクリックしてください。


UpdraftPlus とGoogleアカウントを連携します。

注意書きを確認して「許可」をクリックします。


この画面になったら「Complete setup」をクリック。


管理画面に戻り、再度「設定」タブを開き

「保存先の選択」からGoogleDriveを選択してください。

赤枠のにある「すでに認証済みのようですが」と

なっていれば問題なく設定が完了しています。


試しに「いますぐバックアップ」を実行し、

Googleドライブにアクセスしてみましょう。

フォルダの中に「 UpdraftPlus 」があると思います。

フォルダは自動で作成されるので、今後はこの中に

データが自動でバックアップされるようになります。


フォルダの中身はこんな感じで6つに分かれて保存されています。

データ名の末尾を見ると何のデータが保存されているか分かります。

db:データベース

others:サーバ内にある「wp-content」のフォルダデータ

plugins:プラグイン

themes:テーマ

uploads:画像等のアップロードデータ

この記事が気に入ってもらえたらメルマガ登録お願いします!👇

情報発信ビジネスでやるべきことをお伝えしています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる